忍者ブログ

Live Life Simple-ある暇人のつぶやき

アメリカ生活、ジョーク、経済、エコ、科学まで、なんでもありのネタ的ブログを掲載中

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

週末

土曜日はみんなで集まって楽しい時間を持てました。お腹いっぱい食べ過ぎて寝れなくなるぐらい・・手か、寝れなかったのはカフェイン取りすぎたからか?週末、キャンプいきたかったんだけど、すっごい大雨、雷で、断念しました。まあでも、いっぱい雨が降ってくれたお陰で、みどりが一杯で綺麗だけど。日曜日は雨の中、買い物に。アンティークモールをはしごして、ついでにサムズクラブよって、チキンの丸焼きかってきてしまった。。。ダイエットのはずなのに〜!!

ということで、この1週間は野菜スープで頑張るのだ!
月曜日は山にハイキングいきたいと旦那が、いってたけど、どうも休み始まってから3日連続雨なんだよね。。ちょっっともったいない!せっかくの連休なのに!

そういえば、面白いニュースがありました。イギリスで漁師をしている38歳のAndy Gilesさんがイギリス海峡で漁をしていると、網にお魚がかかって、今まで見たことが無かったために持ち帰って専門家に調べてもらったそうです。「Sarpa salpa」と言う名前の、一見するとちょっとタイみたいに見えるお魚なんですが、これは食べると数日間にも渡って幻覚が見えたりする恐るべき作用があるんだそうです。

rarifish.jpgこのお魚は本来ならば地中海や南アフリカ沖の海に生息をする魚であり、イギリスではこれまでたった3度しか捕獲された例がなく、一番最近の記録でも 1983年にチャネル諸島で捕獲された記録だったそうです。イギリスまで北上してくることはかなり珍しいらしく、地球温暖化の影響もあるんじゃないかとのこと。このSarpa salpaと言うお魚は地中海のレストランでは一般的なご馳走なんだそうですが、しかし海洋専門家によると頭や特定の部位を人間が食べると強い幻覚作用がある そうです。実際に2006年には南フランスでこの魚を食べた男性二人が入院し、その内の1人の90歳の男性は食べて2時間後から幻聴などの影響が出始めて まるまる二晩悪夢を見続けたそうです。

若い40歳の男性も同じような影響が出て、完全に回復するまでに36時間もかかったそうです。
ただ、イギリスの自然史博物館で魚部門の責任者をしているOliver Crimmenさんによると、この魚を食べてそのような状態になることはとても稀なことだと言います。もともと食用としても一般的な魚であり、この 2006年の出来事はかなり珍しい事件なんだそうです。

にほんではラリ魚として命名しましょう。

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

いらっしゃいませ〜

Gremz

プロフィール

HN:
帆摘
HP:
性別:
女性
職業:
Graphic Designer
趣味:
人生を楽しむ事
自己紹介:
92年に渡米。テネシー、テキサス、ノースカロライナに住む。今はコロラドに住んでます。ちとドライだけどいい所です。スポーツ好きと山好きには最高の場所らしい。今年の夏はキャンプと魚釣りがしたい!と意気込んでいる今日この頃。その前にしっかり基礎体力付けろと旦那に言われてますが・・・T_T

アクセス解析

Copyright ©  -- Live Life Simple-ある暇人のつぶやき --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]