忍者ブログ

Live Life Simple-ある暇人のつぶやき

アメリカ生活、ジョーク、経済、エコ、科学まで、なんでもありのネタ的ブログを掲載中

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回もハズレ

フライングテストしたけど、今回もハズレだった〜!今回いつもと違ってやたらと高温期が高いし、かなり期待してたんだけどね〜。ああ、でもあといつもと違うと言えば、普段より下腹の痛みとかが活発?で毎日結構痛くて、ハズレってわかったのに、まだお腹痛いのと胸がやたらと張るのはむかつく!(笑)まあでも仕方ない、またリセットだな。

結婚する前って子供って簡単にできるもんだと思ってたんだけど、こんなに出来にくいとは思わなかったなあ。毎月、妊娠する確率って20%らしいんだけど、まあ、20%を少ないと思うかどうかは別として、排卵日に確実にやったとして、受精だけなら確率は80%。
ただし、精子と、卵子の新鮮さにより、着床に至るのは40%。もし、卵管に何らかの問題があったり、ホルモンバランスが悪かったりすると、もっと妊娠の確率は低くなるらしい。例えば、30歳を過ぎた辺りから、卵の新鮮さも長持ち度が極端に低くなってくる。20代前半は24時間生き生きしてるけど、30を過ぎると排卵してからせいぜい、6〜7時間で古くなってくる。で、古いと体が着床しないように排除しちゃうらしい。

実はもっとも流産しやすいのは、妊娠に気づく前だそうだ。ふだんより少しおくれて、少し重い生理があった経験を思い出す方はいませんか。もしかしたら、それはきわめて早い時期の流産だったかもしれません。(私も2回ほど経験ある。T_T)まあ、これだと、今回の生理、遅れてきた上に重い!って思ってたのが、化学流産だった可能性があるわけだ。毎日、基礎体温付けたり、不妊治療にかかってる人とかは知ってるかな。。

人間の受精卵は、受精の直後ではなんと40%が異常卵だといわれています。それが、子宮に移動する間にすでに淘汰が起きて、着床時には25%に減ります。こ のころの流産は、化学反応、つまり尿の妊娠反応を調べた時のみわかるので、「化学流産」あるいは「オカルト流産」と呼ばれています。

とまあ、なかなか妊娠するのって難しいみたいです。今回、でも、まじで下腹痛いので、来月は病院に予約取って行ってきます。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

いらっしゃいませ〜

Gremz

プロフィール

HN:
帆摘
HP:
性別:
女性
職業:
Graphic Designer
趣味:
人生を楽しむ事
自己紹介:
92年に渡米。テネシー、テキサス、ノースカロライナに住む。今はコロラドに住んでます。ちとドライだけどいい所です。スポーツ好きと山好きには最高の場所らしい。今年の夏はキャンプと魚釣りがしたい!と意気込んでいる今日この頃。その前にしっかり基礎体力付けろと旦那に言われてますが・・・T_T

アクセス解析

Copyright ©  -- Live Life Simple-ある暇人のつぶやき --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]