忍者ブログ

Live Life Simple-ある暇人のつぶやき

アメリカ生活、ジョーク、経済、エコ、科学まで、なんでもありのネタ的ブログを掲載中

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

神秘のくらげ

090317-jellyfish_big.jpgまるでネオン管のように怪しく光る新種のクラゲ。人を刺すことはないのでご安心を。  クラゲ専門家のリサ・ガーシュイン氏は3月初旬、オーストラリアのタスマニア島の突堤付近で泳いでいるときに、“フォトタンク(phototank)”と呼ばれる海洋生物撮影用の小型水槽を使ってこの無名の種を捕獲した。
大概の発光生物もそうだが、このクラゲも自ら光を発することはない。小さな毛のような突起である繊毛を同時に波打たせて水中を移動するが、その際に繊毛に光が反射して輝いてみえる。繊毛の運動にしたがって、虹色の帯がネオンサインのように移動する様子は非常に美しい。

ガーシュイン氏は、タスマニア島にあるクイーン・ビクトリア博物館&美術館で自然科学部門の学芸員を務めている。彼女がオーストラリアで新種を発見するのは159回目だが、今回の発見についても「本当にすばらしい」と語る。理由の一つは、今回のクラゲが体長13センチと比較的大きいことだ。
また、「この新種はあまり知られていないクシクラゲ類というグループに属している」とガーシュイン氏。クシクラゲ類は非常に壊れやすい体を持ち、網に接触した途端に粉々になってしまうという。

ガーシュイン氏は、「海にはこのような繊細な種がどれほど生息しているのだろう、と新たな疑問が湧いてくる。私たちがただ見逃しているだけなのかもしれない」と述べている
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

いらっしゃいませ〜

Gremz

プロフィール

HN:
帆摘
HP:
性別:
女性
職業:
Graphic Designer
趣味:
人生を楽しむ事
自己紹介:
92年に渡米。テネシー、テキサス、ノースカロライナに住む。今はコロラドに住んでます。ちとドライだけどいい所です。スポーツ好きと山好きには最高の場所らしい。今年の夏はキャンプと魚釣りがしたい!と意気込んでいる今日この頃。その前にしっかり基礎体力付けろと旦那に言われてますが・・・T_T

アクセス解析

Copyright ©  -- Live Life Simple-ある暇人のつぶやき --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]