忍者ブログ

Live Life Simple-ある暇人のつぶやき

アメリカ生活、ジョーク、経済、エコ、科学まで、なんでもありのネタ的ブログを掲載中

カテゴリー「感動系ネタ」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

結婚式で初めてのキス

7a41196e.jpgさて、今日はシカゴからのSweet なニュースです。2006年に知り合った2人(写真)が2年間、キスも2人きりのデートも我慢して、結婚式で最初のキスを交わすという出来事がありました。
今回結ばれたのはクロウダニエル・ファビアンさん(30)とメロディ・ラルーズさん(28)。2人とも学校で「節制/禁欲」に関する科目を担当する先生です。忠実に自らの教えを守ったわけですね。2人は2006年に仕事でウガンダへ出かけた際に知り合い、お互いに惹かれあったのですが、ファビアンさんが2007年まで交際をしないという7年間の誓いを立てていたため、デートすることすら延期しました。そして先月の29日、2人の結婚式が教会で行われ、そこで知り合って以来はじめてのキスを交わしたのです。式場に居合わせた友人達は2人を祝福し、床を足で踏み鳴らしたとか。

 「ステキな贈り物って感じだったわ」と、メロディさん。「価値あるキスをするとき、それは財産みたいなものになるのよ」誠実さを守り通したこのカップル、結婚してからも良い家庭を築くことでしょう。

日本ではおめでた婚?だっけ?と名前を変え、婚前交渉で子どもが出来て結婚するケースがここ5年ほどで一気に増えたようですが、アメリカに住んでいると、まだまだ、こういったカップルの話を聞くことがあります。現に私の友達も高校生の頃から、結婚するまでは「しない」誓いをたてて実行したカップルもいるし、(その二人は大学卒業後すぐ結婚した)今では可愛い子供達にも恵まれて立派に主婦やってますが・・・
ま、ともかく、こういうお話を聞くとちょっとホッとした気持ちになりますね。
PR

ちょっと良い話

最近あんまり良いニュースって聞かないけど、そんな中で、世の中も捨てたものじゃないなというちょっとあったかいニュースがあったのでご紹介します。

イギリス南西部にあるBristolで食料品店Raja Foodsを長年営んでいるImran Ahmed氏(27)は、ある日驚く手紙を受け取った。その手紙には20ポンド紙幣が5枚(計100ポンド、日本円で1万5000円)が貼り付けてあった からだ。そしてその手紙の文面を読み、さらに驚き、感極まってしまった。そこには7年前に同店からたばこを盗んだ泥棒からの、謝罪の言葉が綴られていた。

Imran Ahmed氏が経営するRaja Foodsでは7年前、窓ガラスとシャッターを破られ賊に侵入されたことがあった。手紙の主はその時の「賊」本人であり、その時の行為を心から謝罪すると 共に当時盗んだたばこの代金などを同封し、弁償したいなどということが手紙には書かれていた。

ワープロで書かれたと思われるその手紙には、2008年10月15日の日付と共に次のような内容がしたためられていた。

 

Dear Sirs
(親愛なる店主様)

I am writing this letter to make amends to you for something I have done in the past.
(私は過去にあなたに対して犯してしまった過ちを正し、謝るためにこの手紙を書いています)

About seven years ago I was walking past your shop late one night when I noticed that someone had broken into it.
(およそ7年前、私は深夜にあなたの店に侵入しました)

I used this opportunity to enter your shop where I stole 400 cigarettes.
(そして400箱ものたばこを盗んでしまったのです)

The money enclosed (£100) is to pay for those cigarettes which I stole from you.
(手紙に同封した100ポンドは、そのとき私が盗んだたばこの代金です)

At that time I was heavily using drugs and my life was in a mess, now I no longer use drugs and I strive to lead a decent and honest life.
(当時私は薬の常習者で酷い人生を歩んでおり、あんなことをしでかしてしまいました。でも今は薬も止めて、まっとうな人生を送るように努力を続けています)

As part of my ongoing recovery I try to put right all of the wrongs I have done in the past, at least where I can, and this is why I am giving you back the money which I stole from you.
(私は過去の過ちを反省して、正しい人生を歩んでいくため、少なくとも自分自身ができることをしていくつもりです。今回謝罪の手紙とたばこの代金をお送りしたのも、そのためなのです)

I regret the harm I caused you in the past and I sincerely apologise to you for it.
(私は過去にあなたにしでかしてしまったことに対して深く反省し、後悔しています。そして心の底から謝りたいと思っています)

I was very wrong to do this and I hope that returning the money will make up for this harm, at least in some small way.
(私のしてしまったことは大きな誤りでした。私のこの謝罪文と100ポンドの代金があなたが受けてしまった心の、そして物理的な傷を少しでもいやすことができるのなら、これに勝る喜びはありません)

Ahmed氏はこの100ポンドについて、薬物中毒患者を救うためのチャリティに寄付しようと考えているという。欧米では、親も知らない若い世代に薬を常用して、親が気がついた時には立派な?薬物中毒になっているという例が多くあり、今では、頼めば、麻薬をチェックする警察犬を借りる事ができるような世の中。そこから這い上がるには、本人も血のにじむ様な努力が必要だと思います。
でも、こうやってちゃんとリカバーして行く人もいるのは嬉しいニュースですね。

But They did not give up!

日本はノーベル賞の受賞で多いに湧いているが、実際、世界で名前を残している人たちは、その成功までに多大な苦労をして来た人が多い。言い換えれば、苦労を苦労と思わず?あきらめずに頑張って来た人たちが成功を収めているのに何の不思議があろうか・・この時代、私たちはすぐにあきらめてしまう傾向にあるが、あきらめない、たゆまない努力はいつか報われる時が来ると勇気づけられる逸話を今日はご紹介します。

まずは有名どころから・・・
発明王と呼ばれたエジソンは小学校の時の教師に「学習する知能がなさすぎる」と言われ、仕事は2度「生産性が無さ過ぎる」と解雇され、電球の発明には1000回の失敗があった。 後にインタビューで記者に「1000回失敗したという気持ちはどういうものですか」と尋ねられ、「1000度の失敗したわけではない、1000のステップ を経て電球が発明されたのだ」と答えた。

第16代目の大統領、アブラハム・リンカーンは1832年の春にビジネスのトラブルから無職になり、その後1835年には恋人のAnnを亡くし、かなりの打撃を受ける。1832年に州議会に立候補したが落選し、それから数えて合計8回の選挙に落選する。また結婚してからは次男を病気で亡くしている。それでも彼はアメリカで国民に愛される大統領として今も歴史に名を刻み続けている。

アメリカ最大大手電話会社のAT&Tを創立したグレアム・ベル。彼の作ったベル電話会社は当初、運営に行き詰まり、10万ドルでその権利をウェスタン・ユニオンに譲ると申し出た。その申し出は「電気のおもちゃを作る会社で何ができるのかね?」と冷たく拒否された。

 

自動車会社、フォードの創立者は会社が成功するまでに7度の失敗と5回の破産を経験した。

全米を中心に431店舗を展開する一大デパートチェーン,メイシーズの創始者である、ローランドメイシーズは、ニューヨークの店が成功するまでに7回の失敗をしている。

狂犬病やコレラのワクチンを発明した生化学者、細菌学者であるルイ・パスツールは大学在学の頃、平凡な学生で、化学の成績は22人中15番目であった。

スターウォーズやインディ・ジョーンズの名役者ハリソンフォードは高校のときに「最も成功しそうにない少年」というタイトルで選ばれ、いじめられっこで女の子にももてなかった。初めての役柄はベルボーイ役で、当時の副社長に「君は才能がない」と言われた。

他にも、画家のゴッホや作曲家のベートーベンを初め、多くの作家や名を残した著名人の人生は順風満帆どころか、苦い思いを味わった人がほとんど。

今回の日本人のノーベル賞の受賞もそうだが、こういったあきらめない話を聞くと自分ももっと頑張れるような気になるんじゃないかと思う。やっぱ行動は力なりだね!

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

いらっしゃいませ〜

Gremz

プロフィール

HN:
帆摘
HP:
性別:
女性
職業:
Graphic Designer
趣味:
人生を楽しむ事
自己紹介:
92年に渡米。テネシー、テキサス、ノースカロライナに住む。今はコロラドに住んでます。ちとドライだけどいい所です。スポーツ好きと山好きには最高の場所らしい。今年の夏はキャンプと魚釣りがしたい!と意気込んでいる今日この頃。その前にしっかり基礎体力付けろと旦那に言われてますが・・・T_T

アクセス解析

Copyright ©  -- Live Life Simple-ある暇人のつぶやき --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]