忍者ブログ

Live Life Simple-ある暇人のつぶやき

アメリカ生活、ジョーク、経済、エコ、科学まで、なんでもありのネタ的ブログを掲載中

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

農薬カクテル?苺1粒13種類の農薬ブレンド

またまた中国がやってくれました。国際環境保護団体「グリーンピース」は最近、北京、上海及び広州で行った野菜および果物の残留農薬検査報告を公表した。結果は驚くべきもので、北京のウォールマートでは一粒のイチゴから13種類の残留農薬が検出されたという。調査員が2008年12月と2009年2月に3人家族の一日の消費量を基準として、現地一般家庭でよく食べられ ている白菜、ホウレンソウ、ささげ、苦瓜、キュウリ、トマト、イチゴなどの野菜や果物15品目をサンプルとしてそれぞれ約1kgずつ購入した。

調査員は北京、上海、広州の3都市で購入した15品種のサンプルを山東省青島にある国家認証の第3検査機関に送り、検査測定を行った。その結果、15品目45サンプル中、40品目から計50種類の残留農薬が検出され、25品目からは少なくとも5種類の農薬を検出。5品目からは10種類以上の残留農薬が検出されたという。北京のウォールマート・スーパーマーケットで購入したイチゴと広州の華潤万家スーパーマーケットで購入したキュウリのサンプルからは13種類の残留農薬が検出されている。報道ではこれらを食べている人は毎日一杯の「農薬カクテル」を飲んでいるようなものだと形容している。

さらに深刻なのは、9品目のサンプルから世界保健機関(WHO)に毒性が高いと認定された農薬が5種類と発癌性農薬が検出された。また上海の初蓮花スー パーマーケットで購入した食用ナズナとささげのサンプルからは、使用禁止されている毒性の高い農薬、メタミドホスとカルボフランが検出された。しかし意外なことに、自由市場で売られている野菜や果物の残留農薬の方が、スーパーマーケットより少なかったという。作ってる人達が自分で食べるからかな?と思ったが・・・

ウォールマート中国支社の公共事務部マネージャーによると、ウォールマートはすでにグリーンピースから送付された検査報告を受け取り、問題の商品を棚から降ろし、基準値を超える残留農薬が検出された商品の追跡調査を展開し、提供先を確定してから処罰を行うという。

毎日食べる野菜がこれじゃ〜たまんないですね。うちもできるだけ冷凍物とか、中国産のものは買わないようにしてるけど、(旦那が化学やってるから結構うるさいのだ)旦那の中国人の友人が醤油とかも中国産買わない方が良いよと言ってくれたらしい。自国民にも愛想つかされてるのか・・
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

いらっしゃいませ〜

Gremz

プロフィール

HN:
帆摘
HP:
性別:
女性
職業:
Graphic Designer
趣味:
人生を楽しむ事
自己紹介:
92年に渡米。テネシー、テキサス、ノースカロライナに住む。今はコロラドに住んでます。ちとドライだけどいい所です。スポーツ好きと山好きには最高の場所らしい。今年の夏はキャンプと魚釣りがしたい!と意気込んでいる今日この頃。その前にしっかり基礎体力付けろと旦那に言われてますが・・・T_T

アクセス解析

Copyright ©  -- Live Life Simple-ある暇人のつぶやき --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]